西村 友彦 弁護士

にしむら ともひこ

プロフィール

高校、大学とスポーツに明け暮れ、特に大学のアメフト部で自分ととことん向き合ったことは、今も自分の考え方に活かされています。

弁護士の仕事は、マイナスを取り除くだけでは足りず、プラスを生み出すことだと思います。今より明るく楽しい明日のために、尽力します。

 

いわゆる「弁護士像」にとらわれることなく、常に新しいことに挑戦していきたいと思っています。

モットーは、「もっとええもんがあるんやないか」です。常に自分の客観的位置を見直し、自分は何をすべきか、ご依頼いただいた方のために、社会のために何をすべきか、求め続けなければならないと思っています。

 

ご相談は、関西圏に限らず、全国幅広くお受けしています。

 

休日は、大学アメフト部OBで集まって、アメフトのルールや醍醐味を活かしつつ、接触をなくしたスポーツであるフラッグフットボールをしています。また、オートキャンプも趣味で、九州、四国、関東などにも行っています。

​主な取扱分野

企業法務

 特徴的であるのは、大学、宗教法人などの特殊な法人の相談、事件

民事事件一般

 境界確定などの不動産関係、民事信託、お墓にまつわる法律問題等

 

家事事件一般

 離婚、遺産分割、子どもの権利に関する事件

 

少年事件

経歴

1977  大阪府高槻市出身
1996  大阪府立茨木高校卒業
2003 年 京都大学法学部卒業
2006 年 司法試験(旧試験)合格(61期)
2008 年 弁護士登録(京都弁護士会)
            加藤・藤田法律事務所入所
2012 年 パートナー弁護士
2018 年 夷川通り法律事務所開設


京都弁護士会子どもの権利委員会委員
京都弁護士会犯罪被害者支援委員会委員
医療事故情報センター正会員
NPO法人子どもセンターののさん正会員
宗教法学会正会員
京都大学アメリカンフットボール部後援会監事

元大津の子どもをいじめから守る委員会副委員長

個人サイト